osteo_oiseau.jpg

真静>の宇宙・低重力下用TU。やや大型。
他の新規設計TUと同様、本拠地<静苑>にて開発された。

高性能だがまだ量産には課題が残されており、
火星付近の拠点で細々と生産とテストが行われている。
そのため地球へ向かった部隊にはあまり配備されていない。

稀少さに加えて、防御力を犠牲にして極められた運動性が
一部のパイロットたちの間で話題になっており、
エム・フロウサードの直衛につく際に本機を与えられた
ハイフナン・ダーバダシュは、同型同ロットの兄弟である
ハイフナン・ダースコアに自慢の便りを送っている。

固定武装は格闘主体で、
マニピュレータを武器化した
フレームクローで敵機を捉え、
腕の途中に備えた二基のイローダー
伸長させて押し当て、破壊する。

なお、<静苑>には研究開発用の機体が数機残されており、
デル・インサゾームが新操縦システムのテストに利用。
その後複座化や手足の換装などを試しているうちに、
脱走した議会軍条約軍の捕虜ふたり組みによって奪取された。


トップ   編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2010-02-22 (月) 13:32:14 (4552d)