calot.jpg
calot_back.jpg

ケダブール条約機構軍の地上用量産型TU
ギルバーグ製。

人間でいう目にあたる箇所は単一のカメラではなく、
CCDのようなものが並んだ複眼構造となっている。

重装型

calot_armored.jpg

量産型のカロに、追加装甲を施した状態。
モソチェゾ要塞攻略作戦の主力を担った。

この作戦で条約軍
作戦総司令官ボルゲア・ボウエンの指揮のもと
TU数にして敵の数倍の戦力を準備して臨んだが、
敵主力TUツィタデルの前に敗れ去った。

高機動型

calot_h.jpg

量産型のカロの脚部などを換装し、機動力を向上させた機体。
のちのゼブの開発途上で生まれた実験機であると推測される。

機体本体に大幅な改造が加えられているため、
条約軍の命名法則(バリエーション機は機種名末尾が変化する)
の数少ない例外と言われることもある。
「高機動型」という名になったのは、
本格量産されていないため、あるいはこの時点では
命名法則が未成立だったためと考えられる。

ニヒルバウン戦ではカラール・サマールが本機を駆り、
ダガード・ベインズマンヴァル・ヴァサーゴらと交戦している。


添付ファイル: filecalot_h.jpg 240件 [詳細] filecalot_back.jpg 218件 [詳細] filecalot.jpg 239件 [詳細] filecalot_armored.jpg 258件 [詳細]

トップ   編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2010-02-22 (月) 13:32:21 (4234d)