cancan.jpg

傭兵ヤカム・カシムの愛機。

原形機はキブリ・エブリ・ヴァレリ・グロウリ発案による
キャスケット系特殊部隊用TUキャスローチ

ヤカム・カシムは祖国分裂の混乱の中で
(多くの傭兵がそうしたように非合法の手段で)
キャスローチを入手し、独自に改造を施した。

キャスローチの特色のひとつであった
飛翔用オプションはオミットされ、
アクチュエータによる跳躍力を活かした
接近戦用TUとして調整されている。

頭部から伸びる触角状のセンサーは
本来索敵用としてキャスローチに装備されたものだが、
カンカンにおいては索敵よりもむしろ
接近戦時に周囲の敵機の動きを敏感に察知する
目的で使用されている。

主力武装は両腕のトンファー・ソード
普段は防御主体の位置にあるが、
スライド機構により前に長く突き出すことも可能。
切断や穿孔を目的とした装備ではなく、
スタンショックを与えて相手の機能を停止させるもので、
アルガウの装備するシナイ・ソードとほぼ同等品。

そのほか踵にダンビラ・ブレード
膝にシュリケン・シューターを固定装備している。
なお、ヤカム・カシムシュリケン・シューター
残弾補充が間に合わない場合、
空きスロットに実際には発射できない
ダミーを入れてごまかしている。


トップ   編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2010-02-22 (月) 13:32:22 (4234d)