tsytadual_close.jpg

停戦監視団に参加したカスタマイズドTU

ツィタデル後期型をベースとして
地味ながら高度な改造が施してあるが、
当時の主力TUと比べると戦闘能力に
遜色があるのは否めない。

両肩の砲塔を、頭と同等の機能を持つ
センサーモジュールに換装しているのが
ツィタデュアルの大きな特徴である。
停戦監視団の活動では、その高い監視能力
を頼りとされた。

一方、ツィタデル本来のカメラには
シャッターがかぶせられ、
オミットされているように見えるが、
これは特殊な改造を隠すためである。
また、この改造の用途は公になっていない。

固定武装は一度すべて取り払われ、その後
スパイダーネット砲だけが装備されている。
このスパイダーネット砲はコンプレッサなどが
砲身から分離された設計になっているため、
バリジラに装備された試作品と比べると
砲身がはるかにスマートにまとまっている。
なお、射撃時には砲身が移動し、 肩に担ぐような恰好になる。

パイロットは元七幹部ギューラ・アウドム

シャッター開放状態

tsytadual_open.jpg

基斥>発生装置があらわになった状態。


添付ファイル: filetsytadual_open.jpg 223件 [詳細] filetsytadual_close.jpg 240件 [詳細]

トップ   編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2010-02-22 (月) 13:33:09 (5123d)