hat.jpg
 
hat_kenta.jpg
 

ケダブール条約機構軍の高機動型TU

大気圏内外いずれにおいても高い安定性能を有し、
特に歩行能力と宙空間での姿勢制御を両立させた脚部には、
当時のTUとしては最高峰の技術が用いられている。

両肩に攻守一体のギロチン・シールドを装備。

手持ち式のライフルは、
遠距離用の高集束ビームモードと
中・近距離用の拡散式ビームスプリッターモードを
切り替える事ができる。

生産数は十機前後にとどまり、
神槍師団など一部特別なパイロットの機体として使用された。

新約戦争に至るまで運用され続けたことからも、
その基本性能の高さがうかがえる。

パイロット:テックス・ガヌーン、他

宇宙装備

hat_space.jpg

地上で絶大な威力を発揮するギロチン・シールドも、
宇宙では月面や要塞衛星内など、
限られた場所でしか有効ではなかった。

そこでのちに宇宙用の防御装置(仮)が開発された際、
宇宙に配備されていたハットギロチン・シールド
すべてこの装置へと換装された。
この装置は、特殊な粒子を放出して、
敵のビーム攻撃を防ぐものである。

帰還暦527年(540年説あり)、ワームホール停戦直前の
三陣営による三つ巴の戦闘に出撃したハットは、
すべてこの宇宙仕様だったと言われている。

なお、この装置からギロチン・シールドに戻すことも容易なため、
ケダブール内では換装後のハットに特に別の名前は与えていない。


添付ファイル: filehat_space.jpg 221件 [詳細] filehat_kenta.jpg 206件 [詳細] filehat.jpg 225件 [詳細]

トップ   編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2010-02-26 (金) 15:38:40 (4294d)