bataukanone.jpg
bataukanone_open.jpg

トパス製作所ヴィンデが共同開発したTU

カイゼンタルファの開発失敗を憂えたヴィンデは、
アイゼンミューオンの欠点を補う支援TUを開発し、
二機種セットで実用戦力化するという第二案を密かに進めていた。

まずヴィンデアイゼンミューオンに搭載できなかった
ハイトニックフラクタープレオロニクスから
パッケージで手に入れる算段をつけ、
それを利用した新兵器を独自開発する一方、
両者を搭載するためのTUの素体開発をトパスに委託した。

かくして完成したのがこのバタウカノーネである。
なお、両社の共同開発であることと、開発時期から言って、
マナッシとはある意味で兄弟機といえる。

ハイトニックフラクターと新兵器「ブースターバスター」を
機体中央に搭載している都合上、
胴体はねじれず、人型としては簡易設計。
また、上半身はマカラ系で下半身はクンビラ系という
異色の組み合わせでもある。
なお、手首はショウトゥラから流用されている。

右側の画像は、ブースターバスター展開状態
(※デザインは旧設定に基づく。要改稿)。
ただしこの武装はある致命的な欠陥を抱えており、
安定運用のためにアイゼンタウルが生まれることとなる。

のちに本機はギルベルト・シュミッセン中佐によって持ち出され、
アイゼンミューオンの援護にかけつけた。


添付ファイル: filebataukanone.jpg 186件 [詳細] filebataukanone_open.jpg 180件 [詳細]

トップ   編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2010-02-22 (月) 13:33:45 (4236d)