bayo.jpg

ケダブール条約機構軍の地上用TU

先に開発されたパドカロに比べると背が低い。
熱帯および亜熱帯地方での運用に特化されており、
水際での作戦行動も重要視されていたため、
腰丈ていどの水深ならば渡河が可能。

コストパフォーマンスを重視した機種で、
細かな改修を受けつつ長く前線で活躍した。
一例として、光学迷彩装甲を装備した機体などがある。
また、正規軍以外でも傭兵が愛用し、改造機も存在する。

チューブアイは他の機種と違って
辺縁部のカバーが二重になっている。
外側のカバーはごく薄いもので、防御力は無く、
水面の反射などを遮光する機能が主たるものである。

なお、のちに派生型「バヨネット」も開発されたが、
こちらは単機での戦術行動能力を重視されており、
バヨより一桁小さい生産数にとどまった。

パイロット:
ダウエ・ダウア
ミハマ・ハルマ
ツネク・ネツク
ランテト・レント

背面

bayo_rear.jpg

コクピットへの乗り降りは背中から行う。

また、腰には携行武器に応じた
マウント端子を取り付け可能。


添付ファイル: filebayo.jpg 228件 [詳細]

トップ   編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2010-02-22 (月) 13:33:46 (4234d)