ツィガンと同時期に開発された改良型ソーナッター
はじめて採用された刺突武器。

従来のナッターになかった「突き」の概念を導入し、
TUの白兵戦術の幅を広げた。

ツィガンでは腕部ハードポイント用武装だったが、
のちのオータムに小型の固定武装として採用されたほか、
ツィグハグダイテアナッターのような特殊品で実績を伸ばした。
RE:525頃には議会軍標準ナッターシステムのオプションとしての地位を獲得している。

いわゆる「パイルバンカー」の、本企画における名称と思われる。


トップ   編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2011-04-09 (土) 00:37:44 (3846d)