文化圏Aの中小刃物メーカー。
社長はジュウゾウ・ミナト

もともと小さな町工場だったが、
ナッターシステムの加工に必要な独自技術を
保有していたため一躍脚光を浴びる。
A.G.インダストリーと提携を結んで
ナッターシステムの開発、生産にあたったが、
その技術を半ば横取りするかたちで
A.G.インダストリーが一方的に契約を破棄、
自社生産に切り替えたため、経営危機に陥る。
だが、残された最高水準の加工技術を活かした
高付加価値少量生産に生き残りの活路を見出した。

なお、ホーテンガゲキなどの製造に用いられるその加工技術は、
A.G.インダストリーとの件の教訓から
徹底した機密管理により門外不出となっている。


トップ   編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2010-02-22 (月) 13:34:25 (4236d)