mettall.jpg

F.O.A.L.S.の構成要素として
ギルバーグが開発したTUのひとつ。

F.O.A.L.S.の主幹となるメッドと同じく、
各部のユニバーサルポイントに専用の武装を交換することで
幅広く戦局に対応できる機体である。

ただ、武装交換はメッドと違い必要最低限で、
ユニバーサルポイントも大型のものに変更されているため、
メッドのように装甲の強化も視野に入れた、
多角的なユニット変更は出来ない。

また、メッドと同じく、戦局を分析する簡易人工知能
カドゥケウスの蛇」を搭載する。
メッドでは胸部とコクピットに配置されているのに対し、
メットールではこれが背部に配されている。
背部には燃料積載スペースもあるため、
メットールは背部が著しく突き出た形状になっている。

頭部はメッドのような超々高感度多角センサーを持つ
アイカバー付きのものではなく、
通常の条約軍TUと同じくチューブアイとなっている。
しかし、背中に打ち上げ式のセンサー・ポッドがあり、
これが鳥瞰での情報収集装置や、通信衛星として機能して、
ユニットの選別や、隊列行動の最適化を行うようになっている。
なお、センサー・ポッドは打ち上げ後、
高高度でホバリングし、燃料がなくなると自由落下する。
一度の戦闘では使い捨てのようなものだが、
回収し燃料を補充すれば再利用も可能である。


添付ファイル: filemettall.jpg 214件 [詳細]

トップ   編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2011-06-24 (金) 00:45:56 (3770d)