• 1) 一般名詞

軍隊や警察がいつ、どこで、いかなる相手に、
どのような武器を使用するかを定めた基準のこと。

  • 2) 固有名詞

地球府の定める国際法で、
地球の環境を保全するため、
戦闘行為に関する様々な禁止事項を指定しているもの。

特に厳しい禁則が設けられているのは、
火砲の使用についてである。
これは、火砲は一般に環境負荷が大きく、
大規模で使用すると責任の所在の特定が
困難であることに起因する。

ただし、地球に直接累が及ばない宇宙空間においては
火砲の使用制限が緩く、宇宙用のTUの多くが砲戦を
主体としているのはそのためである。

また、ロスト・パストにおける相互確証破壊のような状況を避けるため、
高度な人工知能を搭載した無人の自律兵器についても
使用を制限していると考えられる。

なお、RGB兵器についての直接的な言及はされていない。

当初は母なる地球への畏敬の念から遵守されていたが、
時代が下るにつれて、
規定を無視する急進派が各文化圏に立ち現れてゆく。


トップ   編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2010-02-22 (月) 13:35:00 (4302d)