eisen_ai.jpg

PNGヴィンデが共同開発予定だった無人TU

カイゼンタルファの開発失敗を憂えたヴィンデは、
アイゼンミューオンの欠点を補う支援TUを開発し、
二機種セットで実用戦力化するという第二案を密かに進めていた。

この「支援TU」には、広く知られるバタウカノーネの他にも
並行する複数のプランが候補に上がったと言われる。
その一つが人工知能の導入による無人随伴TU
すなわちこの雑兵(仮)である。

アイゼンミューオンを重装甲の
アップアーマード・アイゼンミューオンに改装して不動の司令塔とし、
複数の雑兵(仮)を随行させることで
戦局への柔軟な対応が可能になると予想された。

しかしながら人工知能交戦規定に抵触することや、
無重力空間への対応が考慮されていないことなどの技術的課題、
そしてヴィンデ第三期トライアルに向けたTU開発において
PNGとの提携を破談にしたという組織間のしこりも足を引っ張ったか、
最終的にはバタウカノーネにゴーサインが出ている。
一方で、本機種の実機が建造されたか否かは不明である。


添付ファイル: fileeisen_ai.jpg 293件 [詳細]

トップ   編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2011-06-06 (月) 01:26:11 (4259d)