しけい。

視覚至上主義社会に生きる<真静>の人々にとって、
視覚を失うこと――失明は、死にも等しい恐怖の対象となる。

発達したバイオテクノロジーをもつ彼らは
先天的・後天的問わず盲目をいとも簡単に治療できるが、
唯一、その恩恵を被ることを許されない者たちがいる。
罪人である。
殺人などの重罪を犯した者には、刑罰として視覚の剥奪が行われるのだ。
この制度を便宜名視刑>という。

ブルブヴァ・ダレスマノ・リレッケムなど、
視刑>に処された者たちはその後、
懲役として咎人部隊への参加を強制される。


トップ   編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2010-02-22 (月) 13:35:02 (4661d)