統一国家連合議会軍が、
主力として量産するべきTU
選定するために行ったトライアル。
なお、TU選定トライアルは数次にわたって
行われることが長期計画により決定していたため、
当初よりこのトライアルは
第一期トライアルと呼ばれた。

採用となったのはA.G.インダストリー
ツィーダ量産型であるが、
第一期トライアルは後のトライアルと
比べて情報公開度が低く、
競合機種については二つの説が存在する。
同社別部門のTUアルフォンであったとする
説がまずひとつ。
そしてもう一説は、そのアルフォンから
コンセプトに変更を加えて開発された
アルゼントメガだったとする説である。


トップ   編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2010-02-22 (月) 13:35:18 (5174d)