数世紀にわたって地球環境とワームホールを管理してきた機関。
かつて三つの文化圏の祖先がワームホールで旅立った際、
地球に居残ることを選択した者たちの末裔であると言われる。

統一国家連合議会ケダブール条約機構、<真静>の三勢力は
地球府の信任を得てワームホール使用権を
勝ち取るために戦争を行っており、
それゆえ交戦規定にのっとりTUを用い、火砲の使用を控えている。
各勢力の動向監視は実地監査官が行っている。

地球府のへそ(ネーブル)を本部とし、
ニューベルサマルなど直轄の永世中立都市をもつ。

傘下の自衛隊としてシューカーがある。

地球で護持された旧来の文化をもっていると思われ、
姓名の構成要素数は市民が3、シューカーが4である
(ファーストネーム、シューカー号、職号、ファミリーネームの順)。
ファーストネームが最初に来る点が文化圏Aへ受け継がれ、
韻を踏む人名が多い点が文化圏Bへ受け継がれたと考えられる。

少年少女が半年かけて各地の地球府の活動拠点を巡り
学問や実技を学ぶという「修学旅行」を催しており、
時節によっては統一国家連合
ケダブール条約機構加盟国からの参加も珍しくない。

傘下組織


トップ   編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2010-03-14 (日) 18:49:04 (4236d)