文化圏Cの<銘彩>が内包する膨大な情報の一部を、
文化圏ABでも通用する名詞に翻訳したもの。

セルロイドの名前はコロナカグラ・ピリオドットハイフナン・ダーバダシュなど「長・長」、
セルロイドの名前はアト・アンフォラマノ・リレッケムなど「短・長」、
という形式が典型になっている。

また、同系統もしくは同コンセプトのTUや同型のセルロイドは便宜名の後半が異なる
(例:ボイキド・カーレボイキド・シャッハ
 ハイフナン・ダーバダシュハイフナン・ダースコア)。


トップ   編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2010-02-26 (金) 00:20:26 (4232d)