#ref(casq.jpg)
 
 [[ケダブール条約機構]]軍の歴代主力[[TU]]のひとつ。
 
 それまで主力[[TU]]は汎用の「[[ダル]]」、~
 および高機動型「[[ゼブ]]」が務めていたが、~
 [[ベーチュオン]]などの登場でこれらは旧式化。~
 [[ケダブール]]側は対抗策として~
 傑作機と謳われる[[キャスケット]]を[[ギルバーグ]]に再設計させ、~
 汎用性と運動性を兼ね備えた量産型[[TU]]とした。
 汎用型の[[ダル]]および高機動型の[[ゼブ]]が~
 [[議会軍]]の[[ベーチュオン]]などの登場で旧式化したため、~
 [[ケダブール]]側が対抗策として開発を進めた[[TU]]。~
 
 開発は[[キャスケット]]より数年後であり、~
 運動性能を保ったまま汎用性と生産性の向上に成功している。~
 ただし、扱いの難しい[[イアイ・ブレード]]および~
 [[シュリケン・シューター]]はオミットされている。
 傑作機と謳われる[[キャスケット]]を~
 量産に堪えるよう[[ギルバーグ]]に再設計させたものだが、~
 性能水準を維持しつつ汎用性の拡大と~
 低コスト化を両立するのは難題であったらしく、~
 実戦配備は予定より遅れてしまった。~
 その間、別途開発されていた[[チマーキ]]が~
 当面の主力として採用されている。~
 
 [[ダル]]で初採用された外部アクチュエータ~
 (素材の弾性を利用したものと思われる)が~
 肘-前腕、膝-太腿の関節に本格的に採用されている。
 長い開発期間を要しただけあり、~
 量産のかなったキャスクは実際に~
 [[キャスケット]]と同等の性能を保持している。~
 ただし、汎用性重視のため、~
 キャスケットで固定武装とされていた~
 [[イアイ・ブレード]]および[[シュリケン・シューター]]は~
 オミットされている。
 
 本機種は広く普及し、砲戦仕様の[[キャスキー]]など~
 [[ダル]]以降の機体で肘-前腕に採用されていた~
 外部アクチュエータ(素材の弾性を利用したものと思われる)が~
 膝-太腿にも採用されている。
 
 [[チマーキ]]による旧型[[TU]]の更新が進んでいたため~
 生産数は絞られるかと思われたキャスクだが、~
 <真静>の地上侵攻開始によりTUの需要が増えたため~
 短期間で各地に普及し、砲戦仕様の[[キャスキー]]など~
 若干の派生型も生んだ。
 
 #ref(casq_blue.jpg)
 
 [[停戦監視団]]仕様のカラーリング。
 
 [[ワームホール停戦]]中、[[ケダブール条約機構]]は~
 [[地球府]]の編成した[[停戦監視団]]に[[TU]]部隊を派遣した。
 
 これは臨時停戦条約遵守の姿勢を示すと同時に、~
 [[統一国家連合議会]]が[[停戦監視団]]の~
 実質的支配権を握るのを警戒したためであった。
 
 このとき派遣機種として選ばれたのが、~
 砲戦型[[TU]]の台頭によって~
 主力の座を追われつつあった[[キャスク]]である。

トップ   編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS