autumn-lazy.jpg

月面国家プレオスが開発を進めていた宇宙用(無重力用)オータム
型式番号はMEK-H2-06。

機体各部に姿勢制御用バーニアを持ち、
肩部分は状況にあわせてフレキシブルに稼動する。
脚部は廃止され、代わりに大型のブースターが設置された。
右腕のレーザートゥランケルは固定化され、コストダウンが図られている。

開発当初は単座型の予定であったが、
OS開発が間に合わず、急遽複座型に仕様変更が行われた。
しかし、その間にプレオスは敗戦。
同時に開発も中止となり、
オータム・レイジーが戦場に出ることは無かった。

なお、月面戦争後に設計データがプレオス残党の手に渡り、
数機が製造され、連合議会軍の拠点へのゲリラ攻撃に
使用されたとも言われているが、詳細は不明。

武装:レーザートゥランケルパルスバラック


添付ファイル: fileautumn-lazy.jpg 179件 [詳細]

トップ   編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2010-02-22 (月) 13:32:12 (4727d)