casquette.jpg

ケダブール条約機構軍のエースパイロット用TU

脚部の設計をバラクラバから引き継いでおり、
ジャンプ移動に頼りがちだった従来機とは一線を画す
高い歩行性能をもっている。

傑作機と謳われた本機種は、
ハンドモジュール対応化などの
アップデートが施され、長く運用された。

のちに量産型であるキャスクが開発されたほか、
純粋な後継機であるキャスケード
特務仕様のキャスローチなど連綿と系譜は続いていく。

武装:
 イアイ・ブレード
 シュリケン・シューター

パイロット:
 アークヴェルト・シェリア
 クリフ・キリフ

クリフ・キリフ専用機

casquette_kilif.jpg

特別な改造はされていないが、
左前側チューブアイカバーが外されている。

画像では保持していないが、
備え付けのイアイ・ブレードよりむしろ
手持ちのホムラ・ブレードを多用したと思われる。

クリフ・キリフは長く本機を愛用したが、
やがて消耗部品供給の滞りのため代替機の使用を余儀なくされた。

キャス・プラス(仮)

casplus.jpg

実業家でありタレントでもあるブラバス・ブラウンが、
自らの知名度と財を背景に作らせた機体。

高性能機を元に色々手を加えているので
一見強力そうではあるが、
多分に見世物的要素が強い。

軍も広報と国威高揚の為と
半ば目をつぶっている様子である。
本職が軍人では無い為、
出撃機会は前線で無い事が殆どである。
そのため真価は発揮されていない。

各腕に内手と外手があり、
盾を保持しながらブレードを持ったり
ブレード2本を順手と逆手に持ったり出来るが、
切り替え操作などに習熟を要する為、
本機での評価テストを行いたいという、
開発部の思惑も見られる。

二対のマニピュレータを持つという発想は
のちのデデンダに受け継がれており、
本機のテスト結果は決して無駄になっていない。

系統機種


添付ファイル: filecasplus.jpg 182件 [詳細] filecasquette_kilif.jpg 286件 [詳細] filecasquette.jpg 318件 [詳細]

トップ   編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2011-10-25 (火) 01:25:55 (3319d)