pado.jpg

ケダブール条約機構軍の地上用量産型TU

設計はカロよりも古く、
ギルバーグが手がけたTUとしては最初期の部類に入る。

主力機の座は後発のカロに譲ったが、
これは電気駆動式に起因する稼働時間の短さに
運用上の懸念が抱かれたためと言われる。
バヨの設計母体となったことからもわかるように、
決してパドの性能が劣悪であったわけではない。
事実、アークヴェルト・シェリアの赤いパド
議会軍相手に華々しい戦果を挙げている。

アークヴェルト・シェリア

緋色に塗装されているのが特徴。
条約軍TUとしては珍しいパーソナルカラー機。
ニヒルバウンでは両手にカムラ・ブレード
両腕にダンビラ・ブレードを装備して出陣している。


添付ファイル: filepado.jpg 214件 [詳細]

トップ   編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2011-06-24 (金) 01:55:10 (3448d)