makara_drive.jpg

危険地帯輸送中の度重なる物資強奪事件に
危機感を募らせた運輸連盟からの要請により、
トパス製作所が輸送車両の護衛を目的に設計したTUマカラの検討機。
内部機構に申し訳程度のカバーリングを施したものである。

第二世代クンビラ系TU量産による
自社工場のキャパシティの問題により、
実際の製造はかねてから取引のあった外部の工場に委託された。
頭部は目標をいち早く発見する為にセンサーの強化、
及びメインカメラの増設が行われており、
同社のクンビラから大きく印象を変えている。

また駆動方式にも独自色が強まり、
ツィーダの模倣からの脱却を図ろうとしているのが見受けられる。
運動性能の向上を実現したのと引き換えに装甲板が薄弱化し、
装置内蔵に際しマニピュレータの駆動方式が変更され、
支持可能な重量がかなり制限されている為に
手持ち大型火気は携帯できない。
それ故積極的戦闘行動には向いていない。

記録上試験体の製造数は2体の筈であるが、
一時、作業員の中では深夜別区画で
黒塗りのマカラを見た者がいるとの噂も囁かれた。
その後その人物の所在が不明の為、真偽の程は定かではない
(後年、コルマカラであったとする説が有力になる)。

なお、のちにA.G.インダストリー作業車両部門に本機種が売却されているが、
この個体が上述の2機に含まれるか否かはつまびらかでない。

武装:
振動破砕槍
掌部内蔵ギミック(選択式)
 ・煙幕弾
 ・照明弾
 ・投網弾
小型マシンカノン(装備予定)


添付ファイル: filemakara_drive.jpg 250件 [詳細]

トップ   編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2010-02-22 (月) 13:34:18 (4256d)