文化圏Aに存在するメーカー。
元々TUの電子制御部品を製造していたが、
のちに独自TUの開発に踏み出す。

最初の試作機クンビラ
その量産型クンビラ2までは受注に恵まれなかったが、
次に売り出したバリクンビラのおかげで経営を立て直す。

しかし、A.G.インダストリーと同じ土俵では
やっていけないと判断したトパス製作所は、
以降、他メーカーの作らない特殊なTUを
多機種少量生産することに経営の活路を見出す。

知名度の高い「オレンジヘッド」がトパスTUを多く運用していたため
しばしば誤解されがちであるが、
カメラカバーがオレンジであるのはトパス製作所TUの通例であり、
対テロリスト用機種に限ったことではない。

宇宙用TUラーフラを送り出したのを最後に、
事実上TU開発から撤退する。

ライアン財団と何らかの結びつきがあるとも言われる。

トパスTU

機種名に十二神将などの仏教用語をもじったものが多い。
ただしこれはあくまでも「現実の側」の事情であり、
作中世界での仏教との関連性は必ずしも意味しない。

TU元ネタ(日本語/梵語)十二支 or 意味
   
クンビラバリクンビラ宮毘羅(くびら)/クンビーラ
バリジラ伐折羅(ばさら)/ヴァジラ
ミヒラ迷企羅(めきら)/ミヒラ
アンテーラ安底羅(あんちら)/アンティラ
アーニラマンジーラ※1爾羅(あにら)/マジラ
珊底羅(さんちら)/サンティラ
インドーラ因達羅(いんだら)/インダラ
ハーイーラ波夷羅(はいら)/パジラ
マカラ摩虎羅(まこら)/マクラ
シンドゥラ真達羅(しんだら)/シンドゥーラ
ショウトゥラ招杜羅(しょうとら)/チャツラ
ビカーラ毘羯羅(びから)/ヴィカーラ
   
カルラ迦楼羅(かるら)/ガルーダ神鳥
サーガラ娑伽羅(しゃから)/サーガラ
マナッシ摩那斯(まなし)/マナスヴィン
バタウカノーネ馬頭観音/ハヤグリーヴァ菩薩
マンダーラ曼荼羅(まんだら)/マンダラ宇宙
ラーフラ羅※2羅(らごら)/ラーフラ悟りの妨げ
アマラーフラ阿摩羅(あまら)/アマラ悟り

※1:「安頁」を一文字で
※2:「目候」を一文字で


トップ   編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2010-02-22 (月) 13:33:24 (4234d)