sobrero_1.jpg

新約戦争後の条約軍上位量産型TU
メッドの実験データを元にギルバーグが開発した。

当時、条約軍は人型機械としての運動能力において、
既に議会軍の機体と遜色ない性能を達成していた。
更に従来からの噴射による機動も複合したことで、
運動面は問題ないとされ、本機の開発は、
装甲強度と出力の強化に重点が置かれた。

それによって機体各部が肥大化し、元となったメッドとは
打って変わって丸みをおびた形状になった。

運動性を重視した同時期の上位量産型TUギムーラとは
対をなす存在と言える。

小型ではあるが簡易人工知能を頭部に搭載している。

メッドでは全身に満遍なくあったユニバーサルポイントは、
換装機能をオミットされると共に、武装の運用に適した位置に
集中して配置され、ハッキング機能も排除された。

CIWS装備型(仮)

sobrero_2.jpg

一部のエースパイロットは指揮索敵強化型(仮)よりも
むしろこちらを好んで使用した。

片耳だけ砲塔という構成にも対応可能。

指揮索敵強化型(仮)

sobrero_3.jpg

指揮官やエース、偵察兵が使う高性能仕様。


添付ファイル: filesobrero_3.jpg 135件 [詳細] filesobrero_2.jpg 125件 [詳細] filesobrero_1.jpg 130件 [詳細]

トップ   編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2011-06-06 (月) 01:06:20 (4259d)