tsyeeda_4e_virsago.jpg
4ef.jpg
4er.jpg

エジンエンジンを搭載することによって、
ツィーダの性能は実戦に耐えるレベルまで引き上げられた。
ここに至って、軍にもようやくTUの制式採用推進派が現れはじめる。

その筆頭とも言える存在が、ヴァル・ヴァサーゴ大佐である。
名門の家系である大佐は、TUという巨大な人型兵器に
ロスト・パストにおける西洋の騎士の姿を重ね合わせ、
軍部の象徴としてこの兵器を採用すべきだと判断。
歩行試験型武器運用試験型出力向上型の評価試験を
幾度にもわたり専門家に検証させ、
また自ら開発企業に足を運び開発を見守った。

エジンエンジンの搭載で、実用化の目処がようやくにも立ったその時、
ヴァサーゴ大佐からTU開発部にカスタム機製造の話が持ちかけられる。
ツィーダ4Eをさらにチューンナップした専用機で、
評価試験に大佐自身の操縦で参加するというのだ。
開発部としても、量産が前提の機体とは別に
フルチューンした機体の性能を評価してもらえるのであれば、
と二つ返事でカスタム機の製造が決定したのである。

こうして開発された本機は
評価試験において凄まじいまでの性能を見せ、
TU導入に反対する多くの上層部をその実力で黙らせることとなった。

TU時代の第一歩が踏み出された瞬間である。

手持ち武装:ナギナッター

カスタマイズに携わったスタッフの発言記録:

ヴァサーゴ大佐!!
来週末の評価試験用の専用機、完成にこぎつけました!
装甲は多少犠牲になりましたが、パワーと機動性は圧倒的です!!
こいつでTU否定派の度肝を抜いてやりましょう!!」

カラーリングに関するTU開発部からのメール文面

ヴァル・ヴァサーゴ大佐がどんな色をお好みになるかわかりませんでしたので、
テスト機のカラーをベースにしたサンプルをお持ち致しました。
運用評価試験まで時間がありませんので、
倉庫にある塗料の在庫の関係上12パターンしか用意できませんでしたが、
この中にお気に召すものがありましたら幸いです。
ご検討お願いいたします。 

添付画像

4e_coloroption.jpg

同、ヴァサーゴの返信文面

3番のカラーリングパターンを希望する。


添付ファイル: file4er.jpg 172件 [詳細] file4ef.jpg 175件 [詳細] file4e_coloroption.jpg 186件 [詳細] filetsyeeda_4e_virsago.jpg 173件 [詳細]

トップ   編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2010-02-22 (月) 13:33:03 (4256d)