めいさい。

文化圏C(<真静>)において、
特定の個の表現や意思の疎通などに用いられる紋章。
膨大な情報量を扱える、一種の識別子。

他の文化圏との交流にあたっては、
この<銘彩>を言語にエンコードした上で
省略を行った「便宜名」が用いられる。

簡易化された<銘彩>の例として、
マノ・リレッケムクロスハートの紋章が知られる。


トップ   編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2010-02-22 (月) 13:35:30 (4661d)