png_u1_f.jpg

PNG製の議会軍教練用TU

PNG-U1-Cの売込みに失敗したPNG
その後も特殊仕様のTU開発を続けたが、
唯一まともな受注を得られたのがこのPNG-U1-F
議会軍愛称「アスガル」である。

当時議会軍は、教練中のTU損壊の多発により
訓練日程と修理予算に頭を悩ませていた。
そこにPNGが売り込んだ本機は、
PNGのお家芸である軟質装甲により高い耐衝撃性を有し、
不慣れなパイロットが機体を激しく転倒、衝突させても
なかなか致命的損傷を負わないというものだった。

無償試用にてその有用性を確認した議会軍は直後に採用を決定。
PNGは生産拠点を従来のトランキリティの工場から
工場衛星パキケファラスに移転させ、
議会軍の大量発注に迅速に対応してみせた。

もっとも、アスガル軟質装甲も、
衝撃を受けるたびに内部構造が徐々に破壊されていく。
しかしパキケファラスの新工場にて
生産される軟質装甲は従来品よりも
圧倒的に性能が向上しており、
ほとんどの機体が訓練生入れ替えまで
装甲交換を必要としなかった。

なお、PNG初の傑作機となったアスガルだが、
軟質装甲の原価が抑えきれずに
かなり薄利の価格設定で売り込まざるを得ず、
結果、PNGのTU開発部門はギリギリ赤字を
脱出するにとどまった。

ちなみに、「火砲狩り」で知られるサブラウ
このアスガルの改造機である。


添付ファイル: filepng_u1_f.jpg 225件 [詳細]

トップ   編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2010-02-22 (月) 13:31:52 (4661d)