barijira_gura.jpg

トパスTU

クインティリオン・クオリティーズに納入された本機は、
粘着質ポリマーにより敵TUを絡め取る「スパイダーネット砲」、
腰部マルチランチャーから放つ催涙ガス弾など、
テロリスト制圧用の非致死兵器を固定装備する。

ただし、これらの装備は容易に交換可能なよう設計されている。
これは簡易改造で砲戦用に仕様変更できるTUを開発するよう
トパス製作所議会軍上層部から指示を受けていたためであり、
バリジラは事実上、砲戦用TUの試作機として作られたのである。
(そのため、胸部の変形による砲撃形態が存在する)

もっとも、七幹部ギューラ・アウドムに使用されたバリジラ
砲戦用として改装されることはなく、
のちにクロスハートエウロ・パベコの手に渡ってからは、
逆に格闘戦用重装TUとして改造された。

barijira_euro.jpg

クロスハートによる改造後の姿。
スパイダーネット砲と腰部マルチランチャーが廃され、
エジンエンジンやバッテリーユニットに換装されている。
なお、胸部変形機構や右肩の装甲などは欠損したまま放置。
手にしている武装はサスナッター


添付ファイル: filebarijira_euro.jpg 247件 [詳細] filebarijira_gura.jpg 246件 [詳細]

トップ   編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2010-02-22 (月) 13:33:48 (4234d)