raptor.jpg
raptor_musha.jpg
raptor_yamaaki.jpg
 

ライアン財団が試作したTU
統一国家連合議会第621独立部隊に配備され、
ライオット・ライアンにより運用されている。

開発コードはRTU2-001。
旧型のツィーダ二連過給型が設計母体とみられるが、
ツィルなどに由来する「各部の独立性を高める」というコンセプトを
より追求した再設計により、実質はまったくの別物と化している。

胸部にはズジュの機構を模倣したとみられる
ソニッククローを装備する。

raptor_charge.jpg

両腕部を突撃型オプションに換装した状態。
強力な攻撃が可能となるが、反面燃費はきわめて悪い。

山明設定案

※原典はオ披露目掲示板ログNo.11847以降を参照のこと。

ライアット・ライアンの使用した機体はラプターの3号機で、
前駆となる2機の試作機が存在する。

1号機は

  • ラプター“1”イーグル 
  • フォゲルグ“アインス”カイザーアドラー
  • フォゲルグ“アインス”アドラー 等の名で呼ばれ、鷲のような外見。

2号機は

  • ラプター“2”ディノニクス 
  • フォゲルグ“ツバイ”ハルベルト
  • フォゲルグ“ツバイ”ハーケン 等の名で呼ばれ、恐竜のような外見をしている。

さらに財団は「ラプター」以降も、

  • 4、5号機 近衛騎士団用(護衛用)
  • 6号機 汎用量産用試験機 
  • 7号機 旗機=司令官用(総帥用)
  • 8、9号機 近衛騎士団砲撃戦用 といった多数のTUを開発した。

これらは、TUを一個の製品としてのみならず
ソフトウェア、部品、電子機器、駆動機関などを包含した
多角的な商品群としてみなしたライアン財団が、
参加企業の有する技術を隈なくデモンストレートするために
必要とした数であるとされる。
また、完成した機体は実際に顧客への営業ツールとしていたようである。


添付ファイル: fileraptor_musha.jpg 236件 [詳細] fileraptor_yamaaki.jpg 247件 [詳細] fileraptor_charge.jpg 256件 [詳細] fileraptor.jpg 282件 [詳細]

トップ   編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2010-02-22 (月) 13:34:36 (5203d)