tegaro.jpg

エマバール誓約軍ペンタ・ブレットのひとつ。
パイロットはガイア・ナイア

固定武装はなく、武装は全てオプションに頼っている。
両肘と、両肩上部の装甲を外した部分に
追加武装ラックを取り付けることができる。
また、ズキ等と同様、軟質装甲が使われている。

もともとはギルバーグ側で開発されていた機体で、
メッドの換装システムの大規模運用試験を
名目として開発計画が承認されていた。

機密という名のベールによって
その外観とスペックはギルバーグ派の
首脳陣にも知られていなかったため、
PNGと水面下で手を組んだ開発メーカーが
エマバール誓約軍向けに本機を開発していた事実は、
黄色に塗られた姿で戦場に現れてはじめて露見することになる。

エマバール誓約軍ズキのみならずテガロをも必要としたのは、
コンセプトの違いも理由のひとつではあるが、
最大の理由はPNGの生産規模の不足にあったと言われる。

エマバール誓約軍の拡大にズキ系の生産が
追いつかない事態は早期から予測・検討されており、
そのためテガロはかなり早い段階で
エマバール誓約軍の手に渡る機体として路線変更されていた。
当然ズキとの部品互換性も考慮されおり、
腕部をテガロのものと交換したズキ
ガイア・ナイアの部隊で運用されている。


添付ファイル: filetegaro.jpg 341件 [詳細]

トップ   編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2010-02-22 (月) 13:33:18 (4298d)